いつ発症するかわからない

「痛風」という病気は男性にとっては身近な病気だと思います。
よく飲み会などで頑なにビールを拒否している同僚がいると思ったら痛風だった、なんてことも少なくありません。
けれど、なぜか「自分は大丈夫」なんて漠然とした自信を持っていませんか?
痛風はほぼ100パーセントが男性患者で、30代~50代を中心に発症する病気です。
痛風の原因の多くは暴飲暴食や食生活の乱れですが、食生活の乱れている女性も沢山いるにも関わらず
なぜ男性ばかりが発症しているんでしょうか。
実は、痛風の原因は食生活の乱れだけでなく、遺伝やストレスが原因で発症する場合もあるんです。
30代~50代の男性というのは、会社の中でも責任のある管理職につく人が多く、
その責任の重さからストレスを抱えてしまい、痛風を発症させる人も多いんですよ。
痛風は尿酸が体内に溜まることで関節部分で結晶になり、関節炎が起こってしまう病気です。
男性は思春期を境に尿酸値が上がりやすくなると言われていますし、
女性は女性ホルモンによって尿酸を男性よりスムーズに排泄することができると言われているので、
女性よりも男性の方が圧倒的に痛風にかかりやすいんです。
また、既になんらかの病気にかかっていて、治療薬を常用している人は特に痛風にかかる可能性が高いので注意が必要です。
30代~50代の男性というと、高血圧で悩んでいる人も多いかと思いますが、高血圧を治療する薬には血液中の尿酸値を高めてしまう効果もあります。
尿酸値の高さは痛風だけでなく腎障害やその他の重大な合併症を引き起こす可能性もあるので、
自分だけは大丈夫、と人事のように考えるのではなく、今から十分な知識を備えておく必要がありますね。
痛風と診断された際にザイロリックの治療薬が効果的です。
今では病院へ行かずとも個人輸入代行を利用することでザイロリックの通販が出来るようになっています。
インターネット上でザイロリックと検索した際に海外医薬品の通販サイトは多々該当しますので気になる方は調べてみては如何でしょうか。




痛風のイラスト

危険なのはプリン体だけ?

痛風は体内の尿酸値が上がることが原因で発症するので、尿酸の材料となるプリン体の摂取に気をつけている人も多いですよね。でも痛風の原因はプリン体だけではないんです。大切なのは適切な量を適度に食べること、なんですよ。

前兆に気付くことが大切

痛風はある日突然その場にうずくまって動けなくなるほどの激痛が足の親指の付け根に走ることで知られていますが、そこまでの激痛が起こる前に痛風の前兆が身体に表れているんです、この前兆を見逃さず、異変を感じたらすぐに病院を受診するようにしましょう。

備えあれば憂いなし

痛風発作は突然起こります。そしてあまりに激しい痛みなので、きっと薬を用意しておかなかったことを後悔することになります。痛風にはなりたくないですが、万が一の時のためにザイロリックと鎮痛消炎剤と、そして正しい知識を備えておくことをおすすめします。